無料ブログ作成サービス JUGEM
懐かしいサーファ御用達の香り
0
    ソニープラザに行ったら懐かしいジョーバン ムスク ウーメンがありました。
    1972年に発売され、サーファーに人気がありました。
    別にサーフィンとは全く関係ない私も、丸井で買いました。
    ムスクでも何処かカジュアルな感じがしました。
    「海外ではCOTYの「ムスク」として販売されていることもあります」は知りませんでした。




    サーファーブーム?の25年ぐらい前フィジーもすごく流行りました。
    ちょっとパウダーっぽく、ネーミングのせいもありますが南の楽園をイメージさせる、独特の香りで今でも好きな香りです。
    今では香水はほとんど見かけなくなりました。残念!





    | じょあん | 香水 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    やっぱり香水
    0
      なかなか手に入りにくい香りもネットのおかげでずいぶん身近になりました。でもオードトワレなどを販売しているところは多くても香水(パルファム)はほとんど扱っていないようです。
      キャロンの香水も以前はカネボウで扱っていたので割と手軽に買えたのですが、今は扱っていないようです。
      それでも探してみたらキャロンの香水がありました♪

      香料の濃度によってオーデコロン、オードトワレ、オードパルファム、香水などありますが、深みがあって本来の香りを楽しめるのはやっぱり香水です。広い範囲でトワレなどをつけて、ピンポイントで香水を使うのが効率がいいような気がします。同じラインのボディローションやクリームと併用するのも香りが長持ちします。



      アンフィニ パルファムは亡くなった祖母の部屋にあったのを覚えています。小学生の頃初めて祖母に香水というものをもらいました。Cordayというものでした。


      あまりにも有名な黒水仙ナルシスノアール パフューム
      東洋調の幻想的な香り。


      100種類以上の天然香料を贅沢に使ったベロージア パルファム(イタリアの湖の名)



      石の花フルール ド ロカイユ

      オークションで時々見かけるのがミル(1000) ソリッドパルファムバラヴェルサイユ パフューム



      どちらも大好きな香りですが、高価でじゃぶじゃぶは使えない。好きな香りってどうして高価だったり、廃盤になってしまうんでしょうか。
      ゲランのパリュールは一番好きといってもいい香りですが、トワレだけになったようで廃盤も近いかもしれません。
      | じょあん | 香水 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |