無料ブログ作成サービス JUGEM
蒸してます
0
    かなり蒸し暑くなってきました。
    乾燥肌でもリキッドファンデーションが重苦しくて、パウダーファンデーションを使いたくなります。
    それでも時には顔がテカテカになっています。

    しかし冷房の効いたところに入ると、乾いてきます。
    高温多湿の屋外と乾燥低温砂漠の室内、何とかならないでしょうか?
    以前に比べて冷房の設定温度が高くなったようで、多少は差が小さくなったようですが。
    冷房で乾燥したら、乳液をたたき込むと緩和されるようです。



    | じょあん | メイク | comments(0) | - | - | - |
    練りアイライナー
    0
      リキッドや水溶きのアイライナーは使っていますが、新しいタイプのアイライナーを買ってみました。
      HABAオンラインショップ限定品 練りアイライナー です。
      860円で小さいブラシまでついてきます。
      リキッドよりも自然で、にじみも少ないようです。
      目の下側では多少にじみますが、「くずれた」という感じではありません。

      水溶きののアイライナーも使いますが、ちょっと面倒な時は便利。
      普段のメイクに良いと思うのですが、もう売り切れになっていました。
      限定品なのが残念です。
      | じょあん | メイク | comments(0) | - | - | - |
      ノンストップアイライナー
      0
        水溶きでアイラインを引くのが面倒な時のために、レブロン(REVLON) カラーステイ アイライナー 01 ブラックを買おうと思ってお店に行きました。
        でもメイベリンのノンストップアイライナー限定品が。
        テスターで手の甲に使ってみると、伸びがよく、しっかりしたラインが引けます。
        ちょっとこすってもそれ程落ちません。
        限定に惹かれてこちらを買ってみました。
        実際使ってみると、柔らかくて引きやすい割に落ちにくいようです。
        更にアイシャドーを重ねるとモチもアップします。
        ペンシルアイライナーは堅いと肌に悪そうですし、柔らかいとすぐにじんだり、先が丸くなったり、潰れたりしがちです。
        ちなみにこのペンシル、繰り出し式です。
        | じょあん | メイク | comments(0) | - | - | - |
        まつげくるん
        0
          フイルムタイプのマスカラはにじみにくいのですがウォータープルーフの
          メイベリン ボリュームエクスプレス ターボブーストを使うと目の下が気になります。
          「こんなパンダ目を人に見せてしまったの!」と後で気付いたりします。

          「まつげが根本からカールされていれば、目の下にマスカラが着きにくいかも」と思い、眠っていたまつげくるんを使ってみました。私の持っているタイプはすでに廃盤になっているようです。
          マスカラを塗ってからまつげくるんを使ってみると
          「根本から上がっている」ちょっと感激してしまいました。
          上や横から見た姿は普段と変わらないのですが、正面からの姿が違っています。
          まつげが放射状に広がっています。
          それに目尻もビューラーよりカールしやすいです。

          さて問題のマスカラのにじみは完全とは言えませんが、良いみたいです。
          さらなる問題はまつげの痛みですが、ナショナルのホームページによると、ケラチンが痛む温度より低いので大丈夫と云うことです。
          コンタクトレンズ着用時は使ってはいけないそうですが、コンタクトレンズユーザの方はどうしているんでしょうか?
          買ったきり使わなかったのは、当時コンタクトレンズ着用が多かったからです。
          | じょあん | メイク | comments(0) | - | - | - |
          インテグレートのペンシルグロス&グラマラスルージュ
          0
            DSへ買い物に行くと、資生堂インテグレートがありました。
            以前にもインテグレートというのはあったような気がします。
            マスカラやシャドーは買ったばかりなので、ペンシルグロスとグラマラスルージュを買ってきました。

            ペンシルグロスRD551(エレガンスレッド)は太いペンシルで、伸びも良くスルスルかけますが、色は控えめ。
            マットなリップペンシルは減りにくいけれど、これは柔らかい分減るのが早そうです。安いから長持ちなんて期待してはいけないのかもしれません。
            時間のない時にも便利そうです。

            グラマラスルージュRD309(ソフトレッド)の方が発色が良いくらいな気がします。
            新型スパチュラの片側から出てくるので、利き手側の口角が塗りにくいです。
            器用な方は大丈夫?
            半固形のボリュームアップオイルが配合されているそうですが、その効果は余りよくわかりません。
            ふっくら、プリっとしたリップをめざしても土台が問題のようで、グラマラスにはなりませんが値段を考えると、色々揃えられそうです。
            | じょあん | メイク | comments(0) | trackbacks(3) | - | - |
            化粧下地
            0
              肌のくすみが気になっていたのですが、スーパーでメイベリン コントロールカラージェルベースのパールピンクを買ってしまいました。
              安いのでついマスカラも買ってしまうのですが、ウォータープルーフの方がにじんでしまいます。
              化粧下地を使うなんてずいぶん久しぶりです。
              高校を卒業した時、伯母にもらって以来かもしれません。
              今までデイクリームとかサンスクリーンの後すぐファンデーションを使っていたのです。
              これはジェルベースでさっぱりしています。ピンクで心なしか顔色も良くなったような気がするのですが。
              スキンケアだけではとても改善できず、年々メイクに時間がかかるようです。
              仕上げにゲラン レ メテオリットヴォワイヤージュ(本体)を。
              ゲラン レ メテオリットヴォワイヤージュ(本体)
              ずいぶん前に買ったけれどかなり高かった気がします。薄くて綺麗なのですが、容器が結構重いです。
              同じ模様の口紅&ケースも買ったのですが、いつの間にか廃盤になっているようです。(ケースだけ取ってありますが使い道がない悲しい


              | じょあん | メイク | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              照明の違い
              0
                スーパーの化粧品売場で「この秋の新色・・・」などを見て目の前の鏡を見ると、ひどくくすんだ顔が。
                蛍光灯では顔色がくすむのはわかっていますが、あまりにもヒドイ。
                わざとひどい照明にして、新しい化粧品を買うように仕向けているのではないかと思うほどです。
                夜やや暗い感じの照明の場所に行くときは、あまり色のグラデーションよりも、アイラインやリップラインなどを輪郭をしっかりとります。
                写真を撮る時もラインをしっかり入れた方がよい気がします。
                Tゾーンは思ったより光ってしまうので、パウダーでおさえた方が良いと思います。
                蛍光灯の下では全体に青みが強くなりそうなので、ピンクなどのハイライトを使ったり。
                自然光では程々に。
                困るのは蛍光灯の下から白熱灯の下へ移ったり、状況が変わる事です。
                年々照明は気になってきます。
                写真を撮られる時はレフ板を持って行きたい!
                白いスケッチブックとか、膝に白いハンカチだけでもいいようです。
                | じょあん | メイク | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                マスカラシルキーアイズSH
                0
                  まつげ美容液とシルクマスカラが、ひとつになった
                  「シルキーアイズ」がパワーアップ!!
                  マスカラ シルキーアイズ SH(黒)
                  長さ・ボリュームをシルクの力でアップしながら、長時間キープする、という従来の良さを生かしながら
                  のびが良く、使いやすくなったと評判。

                  「トコレチノエート」と「ケラビス」という成分をプラスし、
                  まつ毛を強くしなやかにしてくれます。
                  またコンタクト使用者にやさしいマスカラで、日中はにじんだりしないのに、夜落とすのは簡単なのも特徴です。
                  使えば使うほど、まつげが強くしなやかになっていくなんて、年々まつげが細くなってゆくような気がする私には、とても嬉しいことです。
                  安井かずみさんが
                  ”マスカラ好きの20代30代が祟ってか、睫毛が抜けやすくなったのは、悲しいリアリティーである。”
                  と書かれていましたが、ホントそうなんです。
                  ただこの頃よりずっと良質のマスカラがあるのは救いです。
                  お得な2本セットもあります。
                  【マスカラ シルキーアイズ SH(黒)】シルクの力でくるるんぱっちりまつ毛に!従来品に新成分をプラスして塗りやすさとダメージケア効果がUP!【これこれ倶楽部】
                  | じょあん | メイク | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  シルク100%のフェイスパウダー
                  0
                    今日通販生活の「ピカイチ辞典」が届いていました。
                    「カタログなんてさっさと捨てろよ!」と言われるのですが、じっくり見てしまいます。
                    お金を払ってますし。ここのネコ漫画も好きなんです。
                    通販生活は送料がかかるのでほとんど買ったことはないのですが、かなり細かく商品説明があるので購読してます。
                    気になる物は結構あるのですが
                    オードレマンルーセントシルク100パウダー特に気になります。
                    年々肌の乾燥は強まるばかり、パウダーもしっとりした物が欲しいのです。
                    20年ぐらい前にヘレナにシルク配合のメイクシリーズがありましたが、その後はあまり聞きません。
                    普通のフェイスパウダーはタルクが主原料なので、油分を吸収しがちです。
                    このパウダーはシルク100%で肌をしっとりされるアミノ酸がたっぷり含まれています。
                    通販生活では顔料が含まれたタイプもあるようですが、普段使っているフェイスパウダーと併用すれば良いのではないでしょうか。
                    パフもシルク製のようです。
                    オードレマンルーセントシルク100パウダー
                    | じょあん | メイク | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    自分の顔にギョ
                    0
                      焼津へ行きマグロを食べてきたまでは良かったのですが、帰りのサービスエリアのトイレで見た自分の顔。
                      「あ〜くすんでる」
                      「メイクが浮いている」
                      あまりの酷さにギョッとしてしまいました。
                      そのトイレ、窓があって、すごく明るかったのです。
                      普段はビルの中のトイレなどで窓がなく、それ程明るくないのがほとんどです。
                      家でもライトをつけてメイクしているのですが、わからなかったのでしょう。
                      窓際に行きレースののカーテンを開けて鏡を見ると、やっぱりヒドイ顔がありました。
                      ファンデーションがちょっと濃くついていると、余計アラが目立つようです。
                      自然光の下メイクすれば良いのでしょうが、現実を直視するには勇気がいります。
                      ヌーディでみずみずしい極上肌を実現する


                      | じょあん | メイク | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |